最新の教育について

模擬試験を受けて反省点を見つけましょう

受験勉強をしていると、自分自身の実力を確かめるために模擬試験を受けることがあります。
子供に自信を持たせるためには模擬試験を受けさせてから、そこから何ができなかったのかというように意識的に考えさせる時間を作ったほうが、今後の受験勉強にも影響が出ます。
受験勉強をするときは、模擬試験を1回受けるのではなく、何回も受けさせることが重要です。
模試の結果が悪ければ、学校に行って個別相談を受けることができますし、三者面談のときに詳しく説明を聞くことができます。
模試試験の結果は、ひとつの目安にもなるので、結果表は大切に保管をして、相談できることがあれば、子供にアドバイスを投げかけてください。
1回だけしか模試試験を受けないと学力が身に付きません。
成績は常に変動するので、何回も受けて、自信を付けてから本格的な受験勉強をさせましょう。
そうすれば、受験勉強をするまでの過程やプロセスなども明確になって、計画性を持って勉強に打ち込めます。